ENGLISH

茨城県の水戸に誕生した、JR水戸駅直結のホテル テラス ザ ガーデン 水戸。シック&モダン―水戸の地から新しいホテルウェディングのスタイルを提案します

イベントブライダルご宿泊パーティレストランアクセス周辺情報施設案内お問合せ

ご宿泊

会員登録のご案内ご宿泊プラン宿泊予約・空室状況キャンセルポリシー客室のご案内周辺情報

Bookng.com
宿泊予約・空室状況
客室はニーズに応じてその表情を無限に変える空間。心と体に明日へのエネルギーを必要としているゲストには深く豊かな眠りを。ビジネスの効率を求めるゲストには機能的な環境とサポートを。都市にふさわしいモダンなインテリアとくつろぎを兼ね備えたプライベートルームは、滞在するお客様のもうひとつの我が家です。

宿泊オンラインメンバーサイト「CLUB TERRACE」

おしらせ

全室で無線LAN(Wi-Fi)が使用可能となりました!
  もちろん有線LANも使用可能です。観光・ビジネスライフにて、インターネットをご活用下さいませ。

■日曜・祝日の朝食が変わりました!!日曜日と祝日は7:00からの通常メニューに9:00頃よりお料理が追加され、14:30まで「ホリデーブランチ」として楽しめます。 新たな朝食スタイルでお料理をご堪能下さいませ。
■フロントにて女性用アメニティ(無料)をご用意しております。ぜひご利用下さい。
■ご宿泊のお客様へ、テイクアウトコーヒーサービスを始めました。
  (無料・期間限定・提供時間 6:45〜9:30 まで) 1 日の始まりに、ぜひご利用下さいませ。
■朝食メニューに有機野菜を使用したシェフ特製カレーが加わりました。

おすすめ
定番プラン
朝食付
1泊2食付プラン
室料のみ
ビジネスプラン
観光プラン
カップルプラン
レディースプラン
ファミリー向け
記念日
期間限定プラン
お得
のんびり
全てのプランを見る

水戸芸術館内に新オープン!
美虎の五十嵐美幸シェフプロデュース中華料理「水都」コースディナープラン

水都コースディナープラン
(写真はディナーイメージです)
水戸芸術館内にオープンした「チャイナテラス」でのコースをセットにしたディナープランです。
チャイナテラスは「旬華健美」をコンセプトに、常陸野の豊かな自然で育まれる有機野菜にこだわり、油を極力使わず仕上げる“医食同源”の思想をベースにしたお料理でお客様をもてなします。旬の食材からもたらされる、季節の恵みと心休まるホテルステイを気軽に楽しめるプランとなっています。
日々の疲れと偏った食事を正し、体と胃を休める機会を自分や大切な人にプレゼントしてはいかがでしょうか。観光でのご利用もおすすめです。
イタリアンレストラン「イル・バンカーレ」のブッフェスタイルの朝食付。
水都コース(5,500円) 全6品
■前菜
■点心
■季節のお料理
■メイン
■麺・飯(一品チョイス)
■デザート(一品チョイス)

※詳細メニューはチャイナテラス/ディナー水都コースにてご確認ください。
※芸術館「チャイナテラス」でのディナーとなります。ディナー時間をご指定下さい。チャイナテラス営業時間 17:30〜22:00 (コースL/O 火〜土 20:30 日祝 19:30)  月曜定休日(月曜祝日の場合は翌火曜日は定休日)
※ホテルから芸術館まではタクシーで送迎を致します(タクシーチケット発行)
※このプランはご宿泊のお日にちにより料金が変わります。宿泊予定日の料金をプラン予約よりご確認の上、ご予約ください。
※ご予約は宿泊前日の12:00までにお願いいたします。
シングル 1名様1室 14,500〜16,500円
ダブル 2名様1室 23,000〜27,000円
ツイン 2名様1室 25,000〜29,000円
デラックス
ツインルーム
2名様1室 31,000〜35,000円
デラックス
キングルーム
2名様1室 31,000〜35,000円

*夕・朝食付。税金、サービス料を含む一室あたりの料金です。
*キャンセルはご宿泊日の前日18:00迄となります。
それ以降のキャンセルにつきましては、基本宿泊料金全額(100%)ご負担となりますのでご注意下さいませ。

このプランのご予約はこちら

設定プラン一覧客室のご案内プラン検索

HOME | SITEMAP | COMPLIANCELINKENGLISH

ホテル テラス ザ ガーデン水戸
〒310-0015
茨城県水戸市宮町1-7-20(JR常磐線水戸駅南口直結)
info@hotel-terrace.com  rsv@hotel-terrace.com(宿泊予約)
TEL: 029-300-2500(代表) 029-300-1515(ブライダル直通)
FAX: 029-300-2545(代表) 029-300-1230(ブライダル直通)